top

facebook
instagram
来院のご予約はこちら092-325-0079

むし歯 (小児・根管治療・親知らず)

  1. ホーム
  2. むし歯 (小児・根管治療・親知らず)

し歯は早めの治療が大切です

「歯が痛い」「歯がしみる」といった症状はありませんか。そのような症状がある場合は、むし歯の可能性があります。むし歯は初期段階では自覚症状が乏しく、気づかぬうちに進行してしまいます。進行すると症状はだんだんひどくなり、治療には時間も費用もかかってしまうのです。

むし歯は早期発見・早期治療が大切です。歯の異変に気づいたら早めに福岡・糸島の歯医者「おぎの歯科医院」までご相談ください。

むし歯って何が原因?

むし歯の原因は一つではありません。複数の原因が重なることで、むし歯は発生しやすくなります。むし歯の原因を取り除くには、何よりも日々のブラッシングが重要です。食後はあまり時間を置かずに早めにブラッシングをするようにしましょう。

原因1:むし歯菌 原因2:糖分
むし歯菌が口腔内に多いほど、むし歯のリスクは高まります。ブラッシングや歯科医院での歯のクリーニングが有効です。 むし歯菌 むし歯菌は、口腔内にある糖分を栄養にして酸を出します。糖分が多いほど、むし歯菌は活発になります。食後早めにブラッシングをするようにしましょう。 糖分
原因3:歯質 原因4:時間
不規則な生活やストレスなどによって免疫力が低下すると、歯質は弱くなります。歯質を強化するフッ素塗布が有効です。 歯質 食べ物や飲み物を口にしてからブラッシングするまでの時間が長いと、むし歯になりやすくなります。 時間

むし歯の症状と治療

むし歯は、初期段階なら再石灰化で自然に治ることもありますが、進行してしまったむし歯が自然に治ることはありません。放っておくと最悪の場合、歯を失ってしまうことも。歯に違和感を覚えたら、早めに当院までご相談ください。

CO ごく初期のむし歯
ごく初期のむし歯 【症状】
歯の表面にあるエナメル質がわずかに溶け、白く濁って見える状態です。まだ自覚症状はありません。
【治療方法】
ブラッシングやフッ素塗布などで、自然治癒することがあります。
C1 エナメル質のむし歯
エナメル質のむし歯 【症状】
エナメル質がさらに溶け、穴が開いて歯の表面が黒ずんだ状態。まだ自覚症状はありません。
【治療方法】
むし歯に冒された部分を削り、その部分に歯科用プラスチックを詰めます。
C2 象牙質のむし歯
象牙質のむし歯 【症状】
エナメル質の内側にある象牙質まで溶けた状態。冷たい物や甘い物を口にすると、歯がしみることがあります。
【治療方法】
むし歯になっている部分を削り取り、その部分を詰め物で補います。
C3 神経に達したむし歯
神経に達したむし歯 【症状】
むし歯が歯の内部を通る血管や神経まで達している状態。強い炎症が起こっており、何もしていなくてもズキズキとした激しい痛みを感じます。
【治療方法】
根管治療を行い、被せ物を取り付けます。
C4 歯の根に達したむし歯
歯の根に達したむし歯 【症状】
歯の根を残してほとんど溶けてしまっている状態。神経は死んで痛みは感じなくなりますが、歯の根に膿がたまり炎症が起きると、再び激しく痛みます。
【治療方法】
ほとんどのケースで、抜歯しなければいけません。抜歯した場合、入れ歯やブリッジインプラントなどで歯の機能を回復させます。
おぎの歯科の根管治療

複雑な根管治療

根管治療は肉眼では見えない根管部分に治療を行うため、歯科医師の豊富な経験と高度な技術が求められます。当院院長は根管治療を多数行っており、数多くの患者様の歯を残すことに成功しています。また、治療前には3D歯科用CTによって、複雑な形状の根管の状態を正確に把握し精密な診断を行っているため、安全・安心の治療が可能です。他院にて抜歯するしかないと言われた方でも、当院なら根管治療で歯を残せる可能性がありますので、まずはご相談ください。

子どものむし歯について

子どものむし歯

子どもの歯は大人の歯と比べて弱くむし歯になりやすい傾向があります。日ごろから歯のお手入れを心がけ、きちんとブラッシングを行うとともに、定期的に検診を受けることが大切です。当院ではお子さまに対してのむし歯予防を行っています。お子さまのペースに合わせた丁寧な治療を心がけていますので、どうぞ安心してお越しください。

フッ素塗布

フッ素塗布

フッ素には、歯の再石灰化を促し歯を強くする効果があります。フッ素を歯の表面に塗布することで、むし歯予防が期待できます。効果を持続させるために、乳歯の生えはじめの頃から定期的に行うようにしましょう。

シーラント

シーラント

生え変わったばかりの永久歯の奥歯には複雑な溝があるため、ブラッシングがしにくくむし歯ができやすい箇所。この溝をあらかじめ歯科用プラスチックで埋めてむし歯を予防するのがシーラントです。

ブラッシング指導

ブラッシング指導

歯科衛生士がお子さまのお口の状態に合ったブラッシング方法を指導します。親御さまには仕上げみがきのコツをお伝えします。

咬合(こうごう)育成治療

咬合(こうごう)育成治療

子どもの時期に噛み合わせに問題があると、しっかり食べ物を噛むことができず健全な発育を阻害するだけでなく、将来の歯並びにも影響を及ぼします。定期検診にて噛み合わせに問題がある場合には、噛み合わせが悪くなる原因を見つけたうえで対処します。

診療予約はこちらから

092-325-0079

WEB診療予約はこちら

  • 診療予約はこちらから
  • 092-325-0079
  • WEB診療予約はこちら

診療内容

  • 歯が無くなった方(義歯・ブリッジ・インプラント)
  • 審美治療・ホワイトニング
  • 歯周病治療
  • 予防治療
  • むし歯(小児・根管治療・親知らず)
  • 咬み合せ
  • 医院の想い
  • 設備・医院案内

おぎの歯科医院のインプラント治療

院長紹介

  • 初めての方へ
  • 料金表
  • 治療素材について

お知らせ

インプラントネット

初診WEB予約