top

facebook
instagram
来院のご予約はこちら092-325-0079

インプラントへの取り組み

  1. ホーム
  2. インプラントへの取り組み

う一度食事も会話も楽しめるようになるために

ご自分の歯でしっかり噛むことができ、何ひとつ不自由のない方にとって、食事や会話はごく当たり前の行為でしょう。そして、ほとんどの方が歯を失ったり思うように噛めなくなったり、思うように発音できなくなったりして初めて、歯の大切さを痛感されるようです。

福岡・糸島の歯医者「おぎの歯科医院」では、歯科医師の高度な治療技術と、ガイドサージェリー・3D歯科用CTなどの先端医療機器を駆使して、安全・安心のインプラント治療を実現しています。歯を失ってお困りの方や、もう一度おいしい食事や快活な会話を楽しみたいという方は、ぜひ当院にご相談ください。

こんなお悩みありませんか?

「最近、固い物が噛めない……」
「奥歯がないので、他の歯で補って噛んでいる……」
「入れ歯が痛くておいしく食べられない……」
「他医院で難しいと言われた……」

このようなお悩みをお持ちの方は、失った歯を補う方法である「インプラント治療」を検討されてみてはいかがでしょうか。インプラント治療とは、入れ歯やブリッジと同様に失った歯を補うことができ、高い機能性と審美性が得られる治療方法です。歯の欠損部にチタン製のインプラント(人工歯根)を埋め込み、その上に人工歯を装着して、歯の機能を取り戻します。

インプラント画像

インプラントのメリット
  • インプラントをしっかりあごの骨に固定するため、入れ歯のようにずれることがなく、固い物でもしっかり噛める
  • 天然歯で噛んでいるような噛み心地なので、食べる楽しみを取り戻せる
  • セラミック製の人工歯は自然な色調・透明感を得られるため、天然歯と見分けがつかないほど自然
  • ブリッジのように周囲の健康な歯を削る必要がない
  • 定期的なメインテナンスを行うことで長期的に使用できる
  • 歯の本数に関わらず治療できる
インプラント不適応例

多くの場合、インプラント治療を行うことができますが、以下のようなケースでは適応できません。当院にて、インプラント治療が可能かどうか診断させていただきますので、一度ご相談ください。

  • 重度の歯周病の場合(インプラントを入れるのに十分な骨の量がない場合)
  • 歯が抜けてそのままにしていた期間が長い場合
  • 噛み合わせに問題がある場合
  • 全身的な疾患があり、手術ができない場合
  • 治療後の定期的なメインテナンスが望めない場合
  • 喫煙者
  • 若年者(18歳以下)

当院のインプラント治療について

イメージ画像

外科手術が必要なインプラント治療では、医師の経験や技術が治療結果に大きく影響します。当院院長は、豊富なインプラント手術実績を持ちます。また、日本口腔インプラント学会会員としても活動し、インプラントに関する研究や講演を積極的に行っています。豊富な経験と実績を生かし、患者様に安全・安心のインプラント治療を実現しています。

安心・安全のインプラント治療のために

世界トップレベルのインプラントを使用

イメージ画像

当院では、世界でもシェア1位を誇るStraumann(ストローマン)インプラント、DENTSPLY社 Xive(ザイブ)インプラントなど高品質のインプラントを取り扱っています。計5社のインプラントの中から、患者様に最適なインプラントを選択することが可能です。

確かな診断を実現する3D歯科用CT

イメージ画像

当院は3D歯科用CTを完備。口腔内の立体的な画像を得られるため、インプラントを埋入する部位の骨の厚みや幅、あごの骨の中にある神経を正確に把握できます。これが精密な診断を可能にし、安全・確実なインプラント手術につながるのです。

サージカルガイド

イメージ画像

サージカルガイドとは、人工歯根を埋め込む位置や角度を正確に導くことができる医療器具です。サージカルガイドを用いることでドリルのブレ防止や治療期間の短縮につながります。
また、当院は他の医院から作製の受け入れも行っておりますので、信頼と経験がありますので、安心してご相談ください。

治療の流れ

インプラント手術では、局部麻酔を行った後、歯ぐきを切開してあごの骨に人工歯根を埋め込みます。手術後の治癒期間を経て人工歯根とあごの骨がしっかり結合したのを確認したら、アバットメント(支台)、人工歯を取り付けます。インプラントを長期的に維持させるには、インプラント治療をした部分に限らず、口腔内全体を衛生的に保ち、定期検診を受けることが不可欠です。

STEP1診査と治療計画

イメージ画像

患者様の全身状態の問診と口腔内の診査を行います。
あごの骨の量と質を記録するため口の中の型を取り、レントゲンやCT撮影を実施。これらのデータを用いて、一人ひとりの患者様に適した治療計画を立案します。
当院では、歯科用3D装置トロフィーバンスラスを完備していますので、安心して治療をお受けいただけます。

次へ

STEP2インプラント手術・治癒期間

イメージ画像

局部麻酔をかけて歯ぐきを切開し人工歯根を埋め込み、人工歯根と骨が結合するまで様子を見ながら期間をおきます。治癒期間は人工歯根の種類、骨の健康状態、体調によって異なります。その間は仮歯で過ごします。

次へ

STEP3アバットメント(支台)の装着

イメージ画像

インプラント部分の精密な型取りを行います。患者様の口元に適したアバットメントのデザインを選択し、装着します。

次へ

STEP4人工歯取り付け

イメージ画像

アバットメントに適合し、患者様の歯の形と色に合わせた人工歯を作製します。口腔内にぴったり合うことを確認し、アバットメントの上に取り付けます。

次へ

STEP5メインテナンス

イメージ画像

インプラント治療後、インプラントを長期的に安定させるためには定期的なメインテナンスがもっとも重要です。メインテナンスを受けることで、周囲の歯もよい状態が保てるのです。インプラントは医院、患者の双方の協力が重要であるということをご理解ください。

  • 毎食後、そして就寝前に、丁寧にブラッシングをしてください。
  • 歯ブラシは柔らかいものを使用し、定期的に交換してください。
  • 歯科医師による定期的なメインテナンスを受けてください。

予防歯科の詳細はこちら

診療予約はこちらから

092-325-0079

WEB診療予約はこちら

  • 診療予約はこちらから
  • 092-325-0079
  • WEB診療予約はこちら

診療内容

  • 歯が無くなった方(義歯・ブリッジ・インプラント)
  • 審美治療・ホワイトニング
  • 歯周病治療
  • 予防治療
  • むし歯(小児・根管治療・親知らず)
  • 咬み合せ
  • 医院の想い
  • 設備・医院案内

おぎの歯科医院のインプラント治療

院長紹介

  • 初めての方へ
  • 料金表
  • 治療素材について

お知らせ

インプラントネット

初診WEB予約